玉砂利を敷き詰めれば防犯対策になる|費用を抑える

手軽な防犯アイテム

石

庭に敷き詰めるだけで

防犯意識の高い人が増えてきている中、手軽に購入できるにもかかわらず効果の高い砂利が注目を集めています。玄関先や庭先に砂利を敷き詰めておけば、万が一侵入者が足を踏み込んだ時にジャリジャリと甲高い音が鳴り、すぐにその気配を察知することができるようになります。空き巣はそういった人目につきやすい家を嫌うので、侵入を未然に防ぐ効果も期待できるでしょう。防犯用に用いられる砂利は、ホームセンターなどで手頃な値段で購入することができ、その材質から非常に軽い物が多く取り扱いが容易なのも魅力です。防犯用の砂利を購入した後、実際に敷き詰める前に注意しなければいけないことがあります。砂利を敷き詰めた後で下から雑草が育ってくると、砂利を草が覆い隠してしまい十分な音が発生しなくなる原因になります。そのため、前以て雑草対策を施しておくことが大切です。まず最初に、すでに生えている雑草をきれいに取り除き、その後で新たに雑草が生えることがないように除草シートを敷きます。この除草シートを敷いておくことで、たとえ雑草の種が風で飛ばされてきたとしても、地面まで根を伸ばすことができなくなるのです。除草シートの後は砂利を敷くのですが、ここでも注意が必要です。砂利は3〜4センチ程の高さに敷き詰めることが推奨されます。高さが低いと歩いているうちに砂利が横に広がってしまい、下の除草シートがむき出しになってしまうのです。ある程度以上の高さで敷き詰めておくことで、防犯効果を維持することができるでしょう。